食事制限によるダイエットをする時に注意するべきポイント

痩せるために食事制限をする人は多く、ダイエットを成功させるための基本ともいえます。

食事制限をして、活動エネルギーよりも、摂取エネルギーを少なくすることで、脂肪燃焼を促進できます。

体についている脂肪を使ってエネルギーを作り出すようになり、脂肪燃焼効果が高まることで徐々に痩せていくことになります。

何がなんでも痩せようとして、ほとんど何も食べないといったかなり極端な食事制限をする人がいますが、これは正しいダイエットではありません。

身体に負担が大きいダイエットをすると、その瞬間は体重を落とすことが可能ですが、ちょっとした弾みでリバウンドが起きて、減った分の体重が戻ってしまいます。

 

食事制限によるダイエット→リバウンドの繰り返しはNG!

ダイエットを成功させるためにも、健康や美容と両立させるためにも、食事制限はほどほどにしておいたほうがいいでしょう。

食事制限で一気に体重を落とし、その後にリバウンドをするという行為を続けていると、少しずつ体重が減りにくい体質になっていって、食事制限によるダイエット効果が現れにくくなります。

体重が減りにくい体質になると、食事を減らしても、運動量を増やしても、なかなかダイエットができずに苦戦します。

ですから、リバウンドをしないようなダイエット方法にする必要があります。

正しいダイエットのポイントは、タンパク質やビタミンなど栄養のバランスをしっかり考えた食事内容にすることです。

体内に貯め込まれている脂肪を燃えやすくするには、毎日の運動で筋肉量を増強することです。

食事制限だけでダイエットをするのではなく、健康維持に必要な栄養を摂りつつカロリー制限を行い、並行して運動の習慣をつけましょう。